2020年7月9日木曜日

【新洞探査】岐阜県・親谷(2020.6.21)

---------------------------------------------
活動内容:山狩り(新洞探査)
日程:2020/6.21
入洞洞窟:なし
場所:岐阜県揖斐郡揖斐川町・親谷
天候:
参加者:あゆみさん 岡さん
使用車両:あゆみカー おカー
会計:
グルメ:
記録:近野(記録のみ)
電波: 
---------------------------------------------------

8時 現地集合(橋のところ)

16時半 下山

蛭とカヤがひどく、積雪時の入山が好ましい

【ファンケイビング】無双洞(2020.6.24)

---------------------------------------------
活動内容:ファンケイビング
日程:2020/6/24
入洞洞窟:無双洞
場所:和佐俣山
天候:
参加者:おかざ、むぎま、まさと、やっすー
使用車両:
会計:
グルメ:
記録:近野(記録のみ)
電波: 
---------------------------------------------------

9時 川上村道の駅集合
10時 入山
14時 下山

【新洞探査】郡上市八幡周辺(2020.7.4)

---------------------------------------------

活動内容:山狩り(新洞探査)
日程:2020/7/4
入洞洞窟:なし
場所:岐阜県郡上市八幡
天候:小雨
参加者:まさと、あらきんぐ、大西さん
使用車両:まさカー、大西カー
会計:なし
グルメ:なし
記録:近野(記録のみ)
電波:  広範囲での活動のため報告なし
---------------------------------------------------

9時半 入山 GU洞周辺の山狩り

14時 いったん下山し、熊野神社付近から北側へ入山

5時45分 下山

2020年7月8日水曜日

【測量・探検・残置物の撤去】霧穴(2020.6.27-28)

---------------------------------------------
活動内容:探検、一部再測量、BC残置物の撤去
日程:2020/6/27-28
入洞洞窟:霧穴
場所:三重県度会郡大紀町
天候:快晴
参加者:あゆみさん 近野さん 岡さん お母さん 縣さん
使用車両:あゆみカー 近野カー おカー 縣カー
会計:なし
グルメ:ベジタリアン鍋(伝聞)
記録:近野(27のみ参加)
電波:  洞口OK(Docomo)
---------------------------------------------------

そもそもは、中西くんのSRTデビューを目的とした計画であったが、主役の中西くんが体調不良で欠席となった。

8時 道の駅木つつき館 集合
   近野は、車が不調で10分ほど遅れました。今、ブームとなっているプラグの故障だった。
   びくびくしながら、急峻な登りを含む林道へ進む。
10時半 ぼちぼち入洞

   近野、おかざは、D支洞奥の測量の残り
   縣、お母さん、あゆみは、最奥近くのBCへ向かい、残置装備の回収

15時ごろか 測量終了:D支洞奥の水流沿いは記憶よりも過酷で、二人とも溺ぼれそうになる
      ロープは残置した。ダブルで降りるにはロープの長さがギリギリな気がして。

   近野、おかざは、宿泊予定のABCへ寄り、風よけのブルーシートを設置。
   そのまま、最奥へ向かい、残置装備の回収チームに参加する。
   最奥へ行く前の、巻き尺ピットの下降点で、回収チームに合流。
   水を吸ってずっしり重いウェットスーツや、かさばるディギング道具を詰め込んだケイビングバッグを、8個くらい引きずって、再びABCへ戻る。
   いつも大人しいお母さん(まみちゃん)が、イキイキとして嬉しそうだ、どうやらこいつも辛いときに喜びを感じるタイプだと確信した。

16時 ABCに戻り、近野はすぐに荷造りして、出洞する

17時ごろ 出洞
19時 下山完了

縣さんがハンモックを試しに持ってきていたので、どんなんか試したかったが、またの機会に。

翌日は寿司屋のバイトがあったのだ。
当初は、洞内で寝てから朝出洞しようかと予定していたが、無駄に宿泊道具を持ち込んでジメジメした洞内で寝ると思うと、夜のうちに出て、家のベッドで寝るほうがいいや、と考えなおした。

28日は、昼の12時半には全員出洞完了した。

回収した装備は、一部、洞内に残したようなので、また中西くんが元気になったら、取りに行きましょう。


2020年5月19日火曜日

【活動】佐伯合宿(2020/1/2-5)


【探検・山狩り】佐伯合宿 前高大明神の穴・尾越鍾乳洞(2020/1/25
--------------------------------------------------------------------------------
活動内容:探検・山狩り

日  程:2020年1月2日(木)~5日(日)

入洞洞窟:2日 【探検・山狩り】前高大明神の穴とその周辺 
     3日 【探検・山狩り】木浦鉱山周辺
               (蓮光寺湧水、名称不明坑口、尾越鍾乳洞)
     4日 【観光・探検・山狩り】稲積水中鍾乳洞、前高大明神の穴、
                   ほたるの学校前の水穴
     5日 【観光】鵜戸神宮 解散

場  所:大分県佐伯市、豊後大野市、宮崎県日南市 

天  候:概ね晴れ

参 加 者:吉田隊長、マサトさん(23日)、マミさん(24日)、
     おざわさん(34日)、みほちゃん(2日)、かわの

使用車両:レンタカー ハイエースバン1

  計:宿泊 基本料金1,000円/泊+お気持ち(各自支払い)、
稲積水中鍾乳洞入館料1,300円/人、レンタカー3日間36,850

グ ル メ:道の駅やよい、河野母作おせちと勘八刺身・叔母作ごまだしうどん、
 回転寿司マルマン、臼杵みなと市場

宿   泊:投げ銭ゲストハウスさんかくワサビ

  録:かわの

  波:洞窟の中以外は電波が弱いところもありますがだいたい通じます。
--------------------------------------------------------------------------------
 みなさまこんにちは。昨年12月からJ.E.Tに入隊した河野(かわの)と申します。ケイビング超初心者です。はじめに、今回投稿までに非常に長いお時間をいただきましたこと、心よりお詫び申し上げます。

それでは、このような投稿をすること自体初めてなので、至らないところが多々あるかと思いますがどうぞよろしくお願いします。少し長いですが、ゆるりとご覧ください~。

↓↓↓↓↓

J.E.T佐伯合宿 活動報告

1日目】12日(木)
午前11時 レンタカー手続き
詳しくは書けないが、今日この日に至るまで、私(かわの)は年末から今回の計画遂行に向けて様々な障害が発生し、幾度の計画変更を余儀なくされたことにより吉田隊長をはじめJ.E.T諸先輩方他大勢の人を振り回していたことに心底凹んでおり、心が落ち着かないまま2020年を迎えていた。そして合宿開始当日。メンバーを迎える立場の私はレンタカー屋さんで生涯2度目の運転となるハイエース・バンを調達し(普段は2-4人乗り乗用車使用)ビビりながらもJR佐伯駅へと走らせた。

午後0時すぎ~230分頃 JR佐伯駅にメンバー集合
JR佐伯駅に到着後、すぐにマサトさんをピックアップした。初めましてのご挨拶。話しやすそうな方で内心ホッとした。13時頃マミさんが到着、またまた初めましてのご挨拶をした後、時間があったので2人を近くの土産物屋「海の市場まる」にご案内した。店内を物色中、今晩の打ち合わせ(飲み会)の話になった。するとなぜかさっき初めて会ったとは思えない感覚で意気投合し速やかに酒の肴の購入に至った。

今回は、私と同じく12月に入隊したばかりの新人おざわさんとみほちゃんに、なんと洞窟王の吉田隊長と大先輩のマサトさん・マミさんが私の地元、佐伯市に来てくださるという、私にとってはなんとも恐れ多い合宿であった。(我々新人3名は10月のCiao!岐阜洞窟王コースに偶然一緒に参加したことがきっかけでJ.E.Tに入隊し、初の活動参加なのであります)。

その後、吉田隊長とみほちゃんも無事に到着し、途中「道の駅やよい」で遅めの昼食を取ってから本匠へと向かった。午後330分頃 大分県佐伯市本匠因尾に到着。

佐伯市本匠 前高大明神の穴を探検・周囲の石灰岩地帯で洞窟探し
 (写真)神社の右横に複数ある穴。中に入ると隣の穴に続いていて所々外界が見える。洞窟に到着するとすぐにマサトさんとマミさんが何のためらいもなくまるでスライムの様にスルスルと洞窟の中へと吸い込まれていく。この様子を見て(すごい、これがケイバーなのね!!)とどこからどう入っていいのかわからないケイビング初心者の私は妙に感動した。頑張って付いていかなくては。

前高大明神の穴
 
 洞内をあちこち探索すると獣骨とゲジゲジ(全長7-8㎝くらい。デカい)・カマドウマが観察された。その後、神社に向かって左側の石灰岩~道路沿いのクライミングウォールも探索したが洞窟は発見できなかった。午後545分頃 出洞・探検終了

ゲジゲジ。おっきい。

 探検終了後、着替えて宿泊先のゲストハウスへと向かった。今日は全員同じ宿に宿泊。お正月だからか我々以外に客はいない。皆で仲良く2段ベッドの場所取りなどをし、まるで部活の合宿のよう。夜はゲストハウスの公共スペースを借りて宴会をした。日中は緊張していた私も、我が家のお節や佐伯の料理を皆が美味しいと言って食べてくれて、有難いなぁと思い気が緩みだしていた。ところが隣にいるみほちゃんは食欲がない。そういえば彼女はお昼も飲み物だけしか取ってなかったはず。「大丈夫?どうかしたの?」聞くと「なんだか疲れてしまったので、先にシャワー浴びて休みます。すみません。」とのこと。そういえば本匠の洞窟に行った時もみほちゃんはほとんど中に入ってなかったなぁ。そして9時過ぎ、みほちゃんと入れ替わるかのようにおざわさんが宿に到着した。吉田さんの大ファンだという明るい雰囲気のおざわさん。来るや直ぐに吉田さんの隣に座り話しだした。マミさんもご機嫌でお酒が進んでいる。一気に場の賑やかさが増し、その後もしばし宴会は続いた。

2日目】13日(金) 朝、悪夢のような出来事が
朝起きると、みほちゃんの体調が悪化していた。顔色が悪いしすごく辛そう。幸い近くの病院で診てもらえることになり、すぐに病院へ。彼女はなんとインフルエンザ(!)で高熱が出ているとのことだった(そっか~、だから昨日から元気がなかったんだ~。きっとすごく我慢させちゃったのかも?涙)。この時は本人も残りのメンバーもとてもショックだった。みほちゃんは洞窟探検どころではなくなってしまい、薬を処方してもらって我々の宿から駅前のホテルの個室に移動し安静にすることになった。一旦宿に戻り、みほちゃんが移動の支度をしている時、今度はマサトさんが「…実は嫁さんがインフルになったって連絡あって、今日中に滋賀に帰らんとあかんから、残念やけど予定を変更して夕方には佐伯を出たい。」と言い出した(えっっ!?)。すると立て続けに吉田さんが「俺も~なんか喉?調子悪いかも~?」と言う。(まじ!?合宿これからどうなるの??)と私の脳裏に大きな不安が過ったことは言うまでもない。そしてみほちゃんをホテルに送り届け、再び病院へ。吉田さんは同じくインフルエンザの治療薬を処方されていた。しかし「熱はそれほどないみたい。動けないほどじゃないから、薬さえ飲めば大丈夫~♪」と言ってくださったので(ホッ、良かった~)、午後から慌てて仕切り直し、5人で宇目へと山狩りに向かったのであった。

午後1時~ 佐伯市宇目木浦鉱山 蓮光寺湧水
木浦鉱山地区に到着し、まずは蓮光寺へ。湧水の湧き出し口を見てみたが周辺に入れそうな洞は見当たらなかった。この日は水位が随分と下がっていたが、ダイビング装備がないため湧き出し口から先に進むことは出来なかった。
足元に水が湧いています

2時~ 木浦鉱山で鉱物採集
続いて、せっかくだからお土産にエメリーをもって帰ろう♪と鉱物探しに向かった。エメリー鉱を採掘していた場所も既に閉山しており坑口も閉鎖されているが、歴史の長い木浦鉱山では一番最近まで鉱業が続いていた場所。曲がりくねった細い林道?は舗装こそされているものの痛んでおり、落石や木の枝が散在していてアドベンチャー感満載。そこを頼りないハイエースが行く。車ごと転落しそうでこれ以上の運転は無理、というところで運転を隊長に代わってもらった。隊長、すごく頼もしいです。おざわさんは隊長に言われるがままに道端に生える草木や枝を抑えて車を通してくれた。それなのに容赦なく彼を置いて先に進む隊長。(もしやこれはJET入隊の洗礼…!?)と私は内心ビビっていた。道が少し開けたところで駐車し、辺りに転がっているエメリー鉱らしき黒い石を拾った。エメリーは非常に硬い粒状構造の鉱石で、コランダムと磁鉄鉱など複数の鉱物が混合されて出来た鉱石。道路のすべり止めや研磨剤として使用されていて日本で鉱業製品として唯一産出していたのが木浦鉱山なのであります。その後、場所を移動し古い坑道跡を探検した。

昼食をとった後、皆で鉱物探し♪
 
 午後3時~ 坑道跡を探検
 横に真っ直ぐ2-300mくらい続いて石灰岩?の岩盤で終わっていた。木浦鉱山は錫や銅や鉛など多種類の金属鉱物を産していたことで知られているのでここもその一つだと思われる。坑口から入って50m程で左側に分岐がありその奥は10m程度で行き止まり。そこには二次鉱物(孔雀石?緑青?のような緑色の鉱物)が天井の一部に生成していた。
坑口を出て車に戻り、本日の最終目的地・尾越鍾乳洞へ向かっていると吉田隊長が「あれ?俺の携帯がないんだけど~??さっきまであったはずなんだけど~?」と言う。聞けばさっきエメリー鉱を拾った場所の可能性が濃厚と言う。(えっっ!?そこからはもう車で20分くらい走ってきましたが!?・・・今日の本命はこれからなのに~・・・。)そう私は心の中で思いながらも仕方なく元来た道を戻った。
途中のアドベンチャーロードの運転は吉田隊長にお願いし、エメリーを拾った場所まで戻った。すると、「携帯あったーーー!!!」。(よかったよかった。)急いで来た道を戻り、いよいよ尾越鍾乳洞へ。洞口へ到着した時には既に午後5時前になっていた。
何だか分からないけど綺麗な二次鉱物が

午後5時~ 尾越鍾乳洞
活動に残された時間は賞味1時間。ここは既存洞であるが、洞口から50メートルほど斜め下に降りたところが狭く土砂が埋まっておりその奥にあると言われているホールへ行けなくなっている。ここをマサトさん、おざわさん、隊長が交代しながらスコップとバールで土砂を取り除いてくれた。マミさんと私は洞内で待機。その後幾分か奥へ進めるようになったが、ホール迄はまだ随分かかる模様。右奥の隙間から風が来ているため、この奥に洞が続いていることは間違いなさそうとのことだったが、残念ながら今日はここまで。ホールにはたどり着けなかったが、奥に続く可能性が見えてきて嬉しい。急いで佐伯市街に戻りマサトさんを佐伯駅に送り届けこの日の活動は終了。夕食は回転寿司。
ディギング中

この隙間の奥から微かに風がきます

  
3日目】14日(土)
駅前のホテルで休んでいたみほちゃん。少し体調が回復したそうで、この日帰宅することになった。佐伯駅までお見送り。昨日木浦で拾ってきたエメリーをお土産に渡しここでお別れすることに。残念だけどまた来てね~。お大事に~!!

そして残りのメンバーからリクエストのあった稲積水中鍾乳洞へと出発した。車で走ること1時間。佐伯市から豊後大野市へ入っていた。ふと車窓をみると川沿いに見事な柱状節理があちらこちらで見られる。そう、ここ豊後大野市は大昔の阿蘇山噴火の火砕流で地表が覆われている町。ジオパークにも認定されていて地質学的に面白い場所がたくさんあるのだ。そこでなぜか「お前なんか歌ってみろよ。」と吉田隊長がおざわさんに投げかける。「んんん~、ちょっと考えます!」と健気なおざわさん。運転手の私は黙々と目的地へと走り続ける。マミさんは山道を走る車に酔ったのかお休みモードに入ってしまった。
あと少しで目的地の稲積へ到着という頃、おざわさんが「出来ました!柱状節理ラップ!!」と言い車内で唄ってくれた。「…Tu tu tu tu … チュウジョウ、チュウジョウ 柱状節理~♪Yeah!!」こんな感じだったような。私は思わず大ウケして爆笑してしまった。だが、ほかの二人はなぜかシ~ンとしている。1ミリもウケていない。なぜ??・・・せっかく誕生した“柱状節理ラップ”はこうして幻となった。ほどなくして稲積水中鍾乳洞へ到着。

午後030分~ 豊後大野市 稲積水中鍾乳洞(観光)
さあ観光だ~!ん?観光のはずなのに、なぜかマミさんはヘルメットとライトにグローブを持っている。(どうして??)と思ったが、洞内に入ってその理由が分かった。観光遊歩道を歩く傍ら、支洞があれば通路を外れどんどん奥へ入っていくマミさん。(そうか、なるほど観光洞でもこんな楽しみ方があるんやな!!)と感動する私。吉田隊長は洞内の水の流れた方向や観光洞の整備について説明してくださり、なんだか贅沢な時間を過ごすことが出来た。水中鍾乳洞が売りだけど、観光できる水中の鍾乳石は少ない印象。水中なんだから陸上から見えなくて当たり前か。隊長の説明によると観光洞を整備するにあたり、エスマイトで岩盤を発破し一部をモルタルで塗装しているそう。自然のままの部分ももちろん残されているが、人工的に整備された部分が多いことが分かりちょっと残念。
来訪者用のノートに”洞窟王参上”のサイン

水の色が美しいです!
 


鍾乳洞を出た我々は、併設されている昭和的な懐かし博物館へ。この後なぜか隊長をモデルにした写真撮影会が各所で行われた。


館内の昭和風座敷に違和感ゼロの我が隊長




午後3時~ 佐伯市本匠 前高大明神の穴とその周辺

 再び初日に訪れた本匠へ向かい前高大明神の穴へ。マサトさんが2日に見つけた奥の岩を隊長がどけてくれたがその先はすぐに行き止まりだった。上部は固い岩盤ではなく砂が混じっており、いずれ壊れるとのこと。総じてここの洞は浅い模様。すぐに出洞し周辺の石灰岩地帯を探してみたが目ぼしい洞窟は無かった。ここはロッククライミングをしている人が多かったです。




・ほたるの学校前(番匠川沿い)の水穴
 その後、番匠川沿いに車を走らせ洞窟のありそうな場所を探したところ、水穴を発見。
穴は川面にあり、上(陸上)からそこへ続く洞を探したが見当たらなかった。水穴の高さは30㎝程度、幅80㎝程度(目視)、奥行きは不明。

この水穴の奥はどうなっているのでしょう?

 
本匠にはこんなところが何か所かあります
  
本匠はいい感じに溶けた石灰岩が番匠川沿いに広く展開していて、探せばあちこちに穴がありそうな雰囲気。今回はタイムアップとなり残念ながらここで終了。マミさんのフェリーの時間が近づいてきたので皆で臼杵港へ。軽く夕食を済ませマミさんとはここでお別れ。また来てくださいね~!!佐伯に戻り本日の活動を終えた。


4日目】15日(月)
朝宿に向かうと、おざわさんが体調悪いと言う。今日は3人で何をしようかと昨夜は言っていたのだが、仕事も溜まっているし早々に大分空港に向かい休みたいとのこと。残念だけど無理をさせてはいけないので、急遽おざわさんを佐伯駅に送りここでお別れとなった。
 私と隊長の二人だけとなってしまったので、ここでレンタカーを返却。ふと、私もなんだか気持ちが悪くなってきた。不安を感じた私は吉田さんにインフルエンザの治療薬を1錠分けてもらい慌ててそれを飲んだ。その後、時間があったので、吉田さんを宮崎県の鵜戸神宮に案内した。

宮崎県日南市 鵜戸神宮(観光)
 海蝕洞窟の中に神社があるというので初詣がてら行ってみたが、吉田隊長の話によると海蝕洞窟の定義が「洞口の幅より奥が深くないとただの岩陰」となるそうで、ここは厳密には洞窟とは言えないらしい。残念。運試しをして宮崎空港へ向かい解散となった。
鵜戸神宮。左奥の岩陰にお宮があります。

【合宿終了後】
次の日、合宿メンバーの皆に連絡を取ると、なんとおざわさんとマミさんが高熱を発しインフル様症状になっているとのこと。そして、帰省したマサトさんも奥さんのインフルをもらってしまったと言っていた。(おいおい、ちょっとしたインフル集団感染じゃん。)幸い私は昨日もらった薬が効いていたようで大事には至らなかった。このことを知ったみほちゃんはすごく申し訳なさそうにしていたけれど、いま心から思うことは、あれがインフルで本当に良かった!!コロナだったら今頃どうなっていたことか、、、!ということ。いろいろありましたが、参加してくださった皆様、本当にお疲れさまでした!!

***長文をお読みいただきありがとうございました!

以上

2020年4月28日火曜日

【スーパーファンケイビング】平尾台へ行こう(2020/3/28、29)

---------------------------------------------

活動内容:ファンケイビング
日程:2020/3/28(土)~29(日)
入洞洞窟:
 28日 千仏鍾乳洞、岩屋第二洞窟、岩屋第一洞窟
 29日 目白洞
場所:福岡県北九州市
天候:28日 雨、29日 晴れ
参加者:石井、かよ、近野、吉田(29日のみ)
使用車両:カマル号、レンタカー 
会計: 宿4人部屋 9680円(税込み)、千仏鍾乳洞 900円/人、目白洞 800円/人(探検ルート)、レンタカー2日間5690円
記録:近野
電波:  洞窟内以外はほぼ通じます
---------------------------------------------------

プロローグ
私は、毎年春(3月~4月初旬)はラオスの洞窟へ行くと決めている。
今年も、早々に計画をスタートし、現地の通訳・ガイドと相談したり、チームメンバーを募ったり、フライトチケットを買ったりと、ワクワクと準備を進めていた。

ところが、2月の終わりにコロナウィルスの感染拡大が大きく報じられ始め、勤め先から海外渡航禁止令が出て、あっけなく春のラオス洞窟行きが中止になってしまった。

せっかくの計画が流れてしまい、ショックを受けたのだけど、
実は、行かなくて済んでホッとする気持ちもある。
ラオスへの長期遠征と言うといかにも楽しそうだが、現地ではあれこれの交渉に疲れ、洞窟で疲れ、金は無くなり、勤め先の人々からは冷たい視線を受けるなど、ストレス要素が多すぎるのだ。
そのストレスのせいで、毎年出発が近くなると、少し体調が悪くなり、帰国したあとも、しばらくは鬱々と毎日をすごす。

それでもなお、私は基本的に日々、ラオスに行くのを楽しみに生きている。日常でつまんないことがあっても、ラオス行くからいいや、と思うと気が晴れる。
様々なマイナス要素を考慮しても、まだ見ぬ洞窟の行方を想像するとワクワクするし、何より、あのノンビリしたシンプルな国がお気に入りなのだ。

そんな悲喜こもごも、心の拠り所であるラオスに行けなくなり、突然の虚無感に襲われる。
このままでは世の中を恨んで、サイコパスとなり、連続殺人事件でも起こしそうなので、気晴らしに国内のステキな洞窟に行き、超ファンケイビングしよう!と、もう一人のラオス隊メンバー・かよちゃんと思いついたのがこの平尾台ファンケイビング。

ステキ洞窟の宝庫と思われる平尾台だが、ほとんど行ったことなくてよくわからないので、地元ケイビングチームかまねこのメンバーでもある石井さんを引き込み、計画をスタートしたのだ。

計画段階において、何かとテキトウで行き当たりばったりな私を、細かくサポートし、叱咤激励してくれた石井さんに、この場を借りて感謝の意を表します。


28日 けっこうな雨
7:20 名古屋小牧空港発 FDA301便にて福岡へ
8:55 福岡空港到着
空港近くでレンタカーを借り、高知からフェリーでやってくる石井さんを迎えに行く。
福岡空港から平尾台は1時間半以上かかり、けっこう遠い。でも北九州空港に名古屋からの便が無いので仕方ない。

10:40 空港から平尾台への途中にあるJR志井駅まで来てくれた石井さんをピックアップし、平尾台自然観察センターへ

11:20 広島からカマル号というポンコツ車で走ってきた、かよちゃんと合流
自然観察センターはコロナ感染拡大を避けるためにクローズしているが、職員のみなさんは出勤されている。

事前の計画では、雷神洞という渋い名前の洞窟へ行くつもりだったけど、雨天時は増水するらしいので、予定変更して千仏鍾乳洞の探検ルートでまったりすることにする。
前もって、活動計画を連絡してあった自然観察センターに、予定変更の連絡をしてレッツゴー。

と、思ったら、千仏鍾乳洞も現役水流が流れる洞窟ゆえ、この日の雨の影響で、奥のほうは増水の危険があるため、観光ルートを外れて照明のない場所へ行ってはいけない、と注意を受ける。

11:30 入洞
まぁいいや、観光しよう。と観光ルートを行こうとしたが、気づくと石井さんの目はランランと光っており、照明がある場所から外れはしないが、歩きやすい舗装されたルートからは外れ、水の中にジャブジャブ突入し、石灰岩の壁をよじ登り、私とかよちゃんを驚かせた。

いつも大人しい人だが、すごいはしゃぎっぷり。
これがファンケイビングだ!と改めて学ばせてもらった。
私ときたら、すっかり洞窟慣れして、「歩きやすくて濡れないところを歩きたい」と思ってしまう。自分を見つめなおす良い機会になりました。

むー、みごとなキーホールパッセージ

スカラップもみごと
14:30? 千仏鍾乳洞 出洞
次の目的地は、平尾台エリア外にある岩屋第2洞窟。車で40分程度の移動。

15:30 岩屋第2洞窟 入洞
神社の横から林の中に進んでいる車道へ入っていき、車道の終点に駐車スペースと東屋(あずまや)あり。
雨の中、そさくさと着替えて、特に期待せずに無造作に入洞。
洞口は、東屋から3分くらい歩いたところにあるが、周辺は石灰岩の露岩が顕著で、なかなか魅力的な場所だった。

洞内は乾いていて、規模は大きくないが、過去の水流を想像させるトレンチ形状。どんどん奥へ行くと、少し広めの通路に出たり、また狭くなったり。
そのうち、天井の低い砂地の先を、水流の跡を追って進むが、狭くなって行き止まりに。

石井さんが持ってきた測量図を見せてもらうと、行き止まりの手前あたりに、ホールへ出られる支洞があると書かれている。「カニの横ばい」という、そのルートの名前を頼りに、入り口を探してみると、明らかに人が出入りしたような雰囲気の天井の低い隙間を見つけて、入ってみる。

空間は広いけれど、天井が低いので、ヘルメットを外さないと、頭がつかえて正面を向けない。
地面がへこんでいる場所を選んで進まないと、天井に挟まれて詰まってしまう。
その状態で、10mくらい進んだか?
ファンケイビングなのに、こんな精神力を試される狭いルートがあっていいのか?
と、疑問に思っているうちに、頭上の天井が途切れて、立てる場所に出た。
地面が砂なので、匍匐前進でも痛くないから良かった。

ルートの入り口で待機している、かよちゃんと石井さんを呼んで、彼らが来る間にホールを見物する。ホールの奥には、またトレンチ状の水路があり、まだ先へ行けそうだが、出洞時間が迫ってきたので、後続の二人とひとしきり見学して、引き返した。

「カニの横ばい」は、名前がちょっと合わない。カニだったら横向きに進むはずだけど、このルートは前向きの匍匐前進だ。
ともかく、期待してなかった割には、スリリングで楽しめる洞窟だった。

17:05 岩屋第2洞窟 出洞

岩屋第2洞窟から100mほどの場所に、見学自由の管理洞窟・岩屋鍾乳洞(岩屋第1洞窟)があるそうなので、そちらも見に行く。
「管理洞窟だから、ケイビングスーツ着なくていいよね」と普段着で入洞したが、このフレーズを言った後には必ず後悔することになっているのを知っている。

岩屋鍾乳洞前の神社①

岩屋鍾乳洞前の神社②

17:30ごろ 岩屋第1洞窟 入洞
岩屋第1洞窟は、入り口に照明スイッチのボックスがあり、見学者は自分でスイッチONしてから中に入るシステム。
スイッチONすると、ボックスの上にある回転灯が回り、照明がついていることを知らせるギミックあり。

洞窟内は、ほぼ水平で直線ルート、1~2か所の支洞もループしているので、迷う心配なし。
少し狭くて、意外に長い。
ケイビング初体験の人とかにはちょうどよさそう。

そしてやっぱり、気づいたら思ったより泥んこになっていて、着替えればよかったと後悔。

19:30 田川伊田駅舎ホテル チェックイン後、階下のうどん屋でさっと晩御飯
うどん屋の形態は、よくある釜揚げうどん屋方式で、注文するとバイトの子がうどんを茹でて、丼によそってくれて、そのままレジで会計。ネギ・揚げ玉などは各自でトッピング。
しかし、いざうどんを口に入れると、びっくり。なんだこれ、茹ですぎか、ブヨブヨ?
推測するに、この地域のうどんは、柔らかめみたい。伊勢うどんみたい。

そして、この日、仕事終わりで飛行機でやってくる吉田さんを空港まで迎えに行く。
田川伊田駅から空港までは、1時間半かかるけど、交通の便が悪すぎて、電車ではたどり着けそうになかったので、苦渋の判断でお迎えに。
石井さんとかよちゃんも同乗して、3人でDJバトンを回しながら行ったので、遠い道のりもすぐだったね。

DJバトンとは、各自がおススメの曲をピックアップし、スマホで流し、その素晴らしさをアピールするという遊び。

21:30 福岡空港にて吉田さんお迎え
空腹だと言うので、空港近くのラーメン屋に寄る。全国各地の味噌ラーメンを提供するというラーメン屋さんだった。すでにうどん後だったこともあり、特に感動なし。

宿に帰ったのは夜中。
田川伊田駅舎ホテルは、現役の駅舎の2階にあり、寝台列車をイメージした個室のゲストハウス的な宿。ちょうど四人用コンパートメントの部屋があったので、そこに宿泊。
新しいのでキレイ。トイレ・シャワーは共有。朝ご飯は、パン・コーヒーなどセルフで。
部屋の扉がオートロックなので、4人部屋となると人の出入りが激しく、扉の開け閉めが面倒だった。でも、宿はとてもいいし、リピートしたい。

関係ないけど、コロナ感染が拡大しはじめていた時期、この部屋の密室具合がものすごくて、私は夜中に一人「しばらく活動に参加するのはやめよう」と心に誓った。

雨の夜の田川伊田駅舎ホテル



29日 曇り
7:00ごろ 起床 目白洞へ
10:00 自然観察センターに連絡
10:45 目白洞 入洞
最奥の滝へ行きたかったけど、直前の落盤ルートから抜ける場所が分からず、たぶん2時間くらい迷った末、なんとかルートを見つけたけど、タイムリミットとなり引き返した。
水流沿いの規模の大きな横穴。




14:50 目白洞 出洞
まだ帰りのフライトまで時間があるので、もう一個穴に行くか、どっか遊びに行きたかったが、なんだかみんなすごく帰りたがるので、すぐ解散。

と思いきや、かよちゃんのカマル号のバッテリーが上がっていた。
ピンチ、かと思いきや、吉田さんがサッサとエンジンかけてくれた。
こういうときだけ、吉田さんはとても便利。

かよちゃんは、よぼよぼのカマル号で広島へ。
私と吉田さんは、石井さんを近くの駅に落として空港へ。

それにしても、なぜ人は、ケイビングに行きたがるのに、いざ活動に来ると一刻でも早く帰りたがるのか?
もしかして、私のせいか?
ちょっと思い当たるふしがある。

20:05 福岡空港発 FDA314便にて名古屋へ
21:25 名古屋小牧空港着

エピローグ
平尾台にひさしぶりに行った。
前回は、まだ経験が浅いころ、何もわからずに行ったので、平尾台のカルスト台地のすごさが見えなかった。今回は、平尾台の石灰岩を垣間見ることができて、とても楽しかった。また石灰岩を見に行きたい。

2020年4月3日金曜日

【測量】てんご穴測量 第8回 カンムギプロジェクト セミファイナル(2020/3/20~22)

---------------------------------------------

活動内容:測量
日程:2020/3/20(金・祝)~22(日)
入洞洞窟:てんご穴
場所:岐阜県山県市
天候:20日曇、あとは晴れポカポカ陽気
参加者:
 20日 10時入洞 19時出洞:縣、近野(18時出洞)、鎌田、岡、中西
 21日 10時入洞 19時半出洞:近野(14時半出洞)、鎌田、岡、稲垣、中西
 22日 9時入洞 16時出洞:近野(13時出洞)、鎌田、岡、稲垣、久保

使用車両:縣セレブカー あゆみカー 岡カー 近野カー 中西カー 稲垣カー 
会計:水音宿泊 @1000円
グルメ:20日おかざのおでん、21日便乗BBQ
記録:近野
電波:  宝谷鉱山まで行くと通じないよ。手前の集落のとこでも微妙。
---------------------------------------------------

てんご穴の測量は、DistoXとTopoDroidを使用して行っている。
これまでの作業分担は以下のとおり。
メインルートスケッチ: 近野
支洞スケッチ: 鎌田、岡
メインルート製図: 岡
支洞製図: 鎌田、近野
ポインター: 都度、ご参加のみなさま(あとで名前まとめます)

今回は、メインルートスケッチの近野が、途中離脱するため、オカザがメインルートのスケッチをすることになった。むはははは!

20日

8時 美山支所 集合
地主さんにカギを借りに行き、お話する。
今年はカメムシが大量発生している。ちょうどシーズン。
てんご穴測量を楽しみにしていてくれた、区長さんが2月に亡くなったと聞く。
とても残念。結果を見てもらえず、申し訳ない気持ちになる。
この間、縣さんは忘れものの修正ペンを買いに、コンビニへ。修正ペン=いつも忘れられるやつ。

9時 北山公民館前
道路挟んで向かいに、ユーコン河合さん管理の水音というゲストハウス(?)があり、今回はそこで宿泊予定なので、入洞前に荷物を置きに寄った。


水音


10時ごろ 入洞
おつかいの縣さんも追いついてきて、全員で入洞。
中西さんはなんと、この日がSRTデビュー!
前回参加時は、まだSRTテストを合格していなかったので、ラダーで入洞したのでした。
祝・デビュー!これからバリバリ竪穴も行ってねー☆

中西さんSRTデビューの様子

<20日の布陣>
近野・縣 メインルート測量
 滝のホール西側 支洞
鎌田・中西 ジプサム支洞

メインルートは、一番奥の上流方向を測量し、未測量の支洞を片付けるだけの見込みだった。
しかしそれは、古い測量図の精度を99%信じた上での計画だった。

入洞後、滝のホールまでは全員で向かい、ホールで軽い打ち合わせの後、それぞれの作業エリアへ向かう。メインルートの測量エリアは、ジプサム支洞の向こうにある。
私と縣さんは、ジプサム支洞へ行ったことがないので、有名なジプサムを拝見しようと、寄り道する。

ところが、ジプサム支洞のジプサムは、思っていたようなジプサムではなかった。
オリジナルの図面にジプサムと書き込まれている辺りで、それらしい白い鉱物は確認したけど、なんだか釈然としなかった。
翌日、稲垣さんと再度訪れたときに話をして、その違和感の原因が分かったのだけど、ここの白い鉱物は、アラゴナイトに見えるのだ。
しかし、私はこれを見た瞬間に、ジプサムとアラゴナイトを脳内ですり替えて認識していた。

<稲垣説>
ジプサムは硫酸カルシウムが主成分で、アラゴナイトは炭酸カルシウムが主成分だから、全然違うよ。
ここの支洞は硫酸を含む鉱物が多く陥入しているために、周囲と違う鉱物であるジプサムができるのかもね。ほら、こことか、岩の色が赤っぽいし、こっちは緑でしょう。
でもこの白い鉱物はジプサムよりアラゴナイトに見えるけど、報告書に載っているなら、成分分析したはずだから、間違いないだろうね。

◆勉強になりそうなリンク◆
炭酸塩アトラス

Encyclopedia of Caves 3rd Edition
さて、縣さんとしばらくジプサム支洞を見物してから、最奥へ向かう。
前回(第7回かんむぎプロジェクト)の終了地点から続きを測量する。

縣さんはせっかちだから、測量が進むだろうと推測して、メインルートに配置したが、期待に反してあまり効果がなく、進まなかった。二人とも、ルートがよくわかっていないので、効率よい方針が立てられず、ループが多いこの洞窟では、しばしば作業が停滞することになったのが敗因だろう。

近野は、夜20時に家に帰らねばいけなかったので、18時出洞をめざしており、17時には作業終了の予定だった。
15時半ごろ、ひとつ大きなループの接続を確認して測量を済ませ、この日のスタート地点に戻ったところで、いったん作業を中断し、残りのルートの確認をしに行った。

縣さんは、水流の奥を見に行き、私はメインルートの終点にあたる部分のシャフトを上へ上へと進んで行った。

シャフトは、上のほうで、1.5m(W) x 2m(H)くらいのキーホールパッセージとなり、延々と斜め上へつながっていた。どんどん進み、最後は落盤の隙間を抜けると、ポコンとデカい横穴の壁から這い出した。そこは、てんご穴のこれまでのルートで最大規模の横穴で、地面には大きな落盤がゴロゴロしている。
これは、何も考えずに歩き出すと、来た道が分からなくなるパターンだ。
私は、振り返って、自分が這い出した壁の穴の形状と周囲の様子を記憶した。

そのときは、この横穴が図面にない部分だと思わなかったので、たぶんどこかからメインルートに戻れるのだろうと考えて、コンパスを見ながら本洞へ戻れそうな方向(NEN)へ進んでみる。
しかし、ルートは行き止まりになって、先へ進めなかった。
多少は足跡があるので、誰か来ているのだろうと思い、反対方向にも行ってみるが、どうもパッとしない。

時間を見ると、16時15分くらいで、帰りに手間取ると時間オーバーする可能性があると思い、来た道を戻ることにした。
来た時に記憶しておいた壁の穴を見つけて、もう一度入った。
しかし、その向こうは落盤だらけで、どこの岩の隙間から出て来たのかがわからなくなった。
「うーん」と思って、少し汗がにじむ。

行けそうな隙間に、片っ端から体を突っ込んでみて、何度かのトライ&エラーの末、懐かしいキーホールパッセージに戻ることができた。

シャフトに戻ると、縣さんはそこでグーグー寝ていた。
縣さんが見に行ったほうの水流は、すぐに狭くなっていたので、岩を割ったりしてアタックしたけど、今日抜けるのは無理そうだと言って、濡れて寒そうだった。

すでに17時だったので、あとは明日に残して私は急いで撤収。
残りの人たちは、19時ごろに出洞。夜は、水音でおでんをつまみに疲れを癒したのであろう。


21日
8時 北山公民館前
朝、水音で活動内容の打ち合わせ後、宝谷鉱山の駐車場で車中泊している稲垣さんと合流し、入山ポイントへ。

春がきていた


近野はこの日、15時半に一宮付近に戻りたかったので、14時出洞をめざした。
全体の出洞は、19時予定。

<21日の布陣>
近野・岡・稲垣 メインルート測量
鎌田・中西 ジプサム支洞の向かいの支洞

近野は、途中で離脱するので、担当していたメインルートのスケッチをオカザに押し付ける。
BluetoothでTopoDroidのデータをコピーして渡した(Android同士なら可能)。
私は、計測担当と、帰るまでに稲垣さんにペーパーレス測量を仕込む役。

10時 入洞
稲垣さんが美山カルストの洞窟に来るのは久しぶりだ。前回、洞窟に来てから5年以上は経っているだろう。お年寄りなので体力的には限界があるかもしれないが、測量は稲垣さんの得意分野なので、即戦力として期待していた。

前日と同様に滝のホールまでは全員で一緒に移動すると思ったが、気づいたらオカザはどんどん先に行き、稲垣さんたちは後方でどんどん遅れていく。
アレ?と思って滝のホールで待っていると、鎌田さんが来た。
「稲垣さんが支洞に寄り道するので、連れ戻してきました」

ああ、そうか、稲垣さんは脱線が得意なのだ。

追いついてきた稲垣さんと一緒に、測量ポイントを目指して進むが、せっかくだからジプサム支洞を見ようよ、ということになり。
二人でサッとジプサムを見て、前述のアラゴナイト疑惑について話す。
久々に稲垣さんのマニアックな洞窟話が聞けて懐かしい。

さらに奥に進むと、オカザが一人で支洞を測量していた。
私がずっと放置していた盲腸のようなやつを片付けてくれたのだ。ありがたい。

その後、ようやく前日の測量ポイントにたどりつき、おかざ・稲垣・近野で測量開始。
まずは稲垣さんにDistoXの仕様を説明、周囲をうろうろして形状を確認し、簡単な測量計画を立て、測量を始める。

さすが稲垣さん、ペーパーレス測量は初めてながら、理解が早く、するどい質問を飛ばしてくる。

あーだこーだ言いながら、前日に測量したルートと並行して上流へ向かっているルートを測量した。
稲垣さんはしきりに「これが終わったらお昼ご飯にする」とか言うのだが、最近のJETはランチタイムなんか設けず、人の目を避けてササッと行動食を口に詰め込む以外は休憩もないのが普通という鬼畜チームなので、たぶん稲垣さんはお弁当を食べることはできなかったのではないか。

私は14時になった時点で、出洞開始。
仲良く測量を続ける稲垣さんとおかざを置いて、急いで帰って行った。
帰り、国道22号が思ってよりも混んでいて、予定の時間より20分遅れてしまった。
連休とはいえ、帰宅ラッシュよりも時間が早いし、コロナウィルスで外に行く人が少ないと見込んだが、あてが外れた。

22日
6時半 JR一宮駅
日大探検部の久保さんが深夜バスでやってきたので、迎えに行く。

8時 北山公民館前
水音に寄り、打ち合わせ。
稲垣さんはまだ寝ていた。

稲垣さんのノンビリモードに合わせていたら、おかざと鎌田はいつの間にかいなくなっていて、久保さんは無言で私の車の助手席にじっと座っていて、車に戻ったらめっちゃびっくりした。

1972年以降に生まれた人たちは、脳が無線でつながっていて、思考が共有されているので何も言わなくても通じ合っているのだ。
ギリギリ1972年生まれの私は、知らないうちに状況が変わっていて驚くことが多いのだが、慣れました。

9時すぎ 入洞
この日も近野は早めに出洞。前日、ちょっと遅かったので、12時半出洞にする。ほかの人は、16時出洞。



写真と文章は関係ありません


久保さんはまだSRTテストを合格していないので、てんご穴の入り口付近、2か所にある5メートルほどの竪穴部分にラダーを設置して登ってもらう。
鎌田、稲垣とあーだこーだ言いながらサポート。

前回、確保用のダイナミックロープを用意したが、今回はナシ。SRT用のフィックスロープがあるから不要と思った。トップからプーリーを使って確保して登らせるにはSRT用のフィックスロープは短かすぎるが、チェストかハンドアッセンダーをつけて少しずつ登ればいいだろうと思う。
アッセンダーの使い方に慣れていないと少し危ないかと思ったが、それくらいは練習としてやらせればいいか。

あと、2本あるラダーのワイヤーは、まとめてカラビナに通すと、ワイヤーの消耗が早いそうだ。一本ずつにカラビナをつけて、別のアンカーにフィックスする。多少長さが違っても、荷重は平均化されるので大丈夫とのこと。(by 稲垣)

〇     △



<22日の布陣>
岡・稲垣・近野 メインルート測量
鎌田・久保 滝のホールの下の空間

メインルート測量は前日の続き。
ループで、つなげていないところをつなげてから、シャフトの上へ行き、形状確認したところで私はタイムオーバー。
12時半出洞だと、ほとんど何もできないなぁ。

オリジナルの図面にないルートが、思ったより大きいようなので、あと1~2回で終了と思っていた測量だが、もう少しかかりそう。
個人的には、未探検のルートが見つかる可能性を感じて楽しみだ。

<To be continued>