2020年11月24日火曜日

岡山阿哲台2020/11/7-8

【ファン】岡山県 井倉上の穴&オトスの穴(2020.11.7-8)

---------------------------------------------
活動内容:ファン
日程:2020/11/7-8
入洞洞窟:井倉上の穴&オトスの穴
場所:阿哲台
天候:雨→夜止んで、翌日は晴れ
参加者:かよ、まみ、岡
使用車両:まみカー おカー カレー車
会計:鍋代+酒代=2500円くらいだったかな
グルメ:鍋(魚)
記録:岡
電波: つながる
---------------------------------------------------
1日目)
井倉上の穴のドリーネの周りに電柵が張ってあり、車を入れることができなかったので、
ここが地主さんだろうと思われる向かいの家を訪ねた。
地主さんは快くゲートを開けて、電柵の内側に車を停めていいよと言ってくれた。
いのししの罠に近づかないようにとの指示を受ける。

今回は、メジャーなテンショントラバースコースでなく、久しぶりの滝コースを選んだ。
SRTを覚えたての頃、Aさんに連れてきてもらって以来である。
その名の通り、滝の脇を降りるルートで、雨で水量も多くなってたため、降りる時に上から滝を浴びて上半身も濡れてしまった。
足元しか濡れないと事前アナウンスしていたので、二人ともやや不満げである。




洞口から通称「ガンダムホール」を降りたところで、それぞれランチタイムに入る。
まみちゃんの行動食はいつも豪快である。今回も太い恵方巻一本とサラダ的なものを持ってきていた。育ち盛りか。
かよちゃんは卵焼きとウィンナーの入った手作り弁当。私はあんまりお腹が空いていないので、せんべいを食べて終了。
恵方を向いて


今回は、シンプルな滝ルートを選んだせいで、順調に降りられたので、時間に余裕があり、前回時間切れで諦めた奥の滝にも行くことができた。
前回は降りられなかったフローストーンの滝を降りられて満足だ。

プールに溜まったゴミをかき分け、嬉しそうに最奥を探索するまみちゃん。

登りも順調に進んで、活動が思ったより早く終わったので、ゆっくり温泉につかれるな~と思ったら、いつも行っている最寄りの温泉が閉まっていた。コロナの影響らしい。
しかたなく、30分先の瀬戸川温泉まで行くことに。薪でお湯を沸かしていて、渋くて感じのよい温泉だった。

晩御飯は、温泉近くでこっそりと鍋パを開催。みんな呑むのが大好きなので、ビールと日本酒もふんだんにある。
鯛のアラで出汁を取り、カサゴや野菜がふんだんに入った豪華な鍋だ(まみちゃんが肉を食べられないため)。かよちゃん鍋奉行シェフのおかげで、大変美味に仕上がっていて、酒もすすむ。
配色がシェフのこだわり



2日目)
宿泊地がオトスの穴のあるエリアから大分離れてしまったので、朝早くに起床し、鍋の残りを雑炊にして食べて、さっさと出発。
オトスの穴は、道路からすぐで、アプローチの良さは抜群だ。
久しぶりに来た。どんな穴だったかな?と道路から覗いてみると、けっこうでっかい洞口がドーンと開いている。
この穴は洞窟としてはなかなか立派な外見であるが、中にゴミが山のようにたくさんあることで有名だ。岩に原付きがひっかかっているところもあって、ロープを張っている時に蹴り落としたりしないようにするのに気を使う。
ロープと一緒に近野さんから預かった装備(耳)を装着


まみちゃんは、用事があって昼で帰途につくとのことだったので、最後まで降りたところで、ゴミのホールを見て、すぐに引き返した。
かよちゃんにデリギングしてもらって、二人で装備とロープを洗って解散。
洗い場の川にいく途中、かよちゃんが道端に洞窟があったというので、帰りに見たら、「草月洞」という看板が立っていて、鉄板の扉がついた洞窟があった。どうやら保護のために蓋をしていて、許可がないと入れないみたいだ。

今日も順調で、早く終わったので、のんびりと帰路についた。

2020年10月5日月曜日

【測量】てんご穴たぶん9回目

--------------------------------------------

活動内容:測量
日程:2020/9/26㈯-27㈰
入洞洞窟:てんご穴
場所:岐阜県山県市
天候:小春日和
参加者:近野、ヨシモト、おか
使用車両:ヨシモトカー おかカー+チャリ 近野カー+チャリ 
会計:なし
グルメ:カップラーメン、3ヶ月前に賞味期限切れたバナナカステラ(近野)、よしもとさんがパシってくれたおにぎり(具指定)など
記録:おか

--------------------------------------------

コロナで春からしばし休止していたてんごの測量。7月も、大雨による土砂崩れで延期になっていた。道路の復旧を待つも、年内には工事は終了しないとの情報を得て、「待っててもラチが開かない」と手前から歩いていく覚悟での再計画となった。


参加者は測量コアメンバー3人。ゲストが来てくれないのは寂しいが、三密回避のこともあるし、黙々と作業が進むので、スピード重視で考えればこれはこれで効率的である。

第1日目:8時半から土砂崩れの工事が始まるので、それまでに工事現場を通過せねばならないとのことで早めの行動開始。現場手前の空き地に車を止め、昨日の雨で増水した川を見ながら歩いていく。土砂崩れの箇所は湧き水手前の一箇所だけだったが、途中反対斜面から川にデカい岩が落ちてきたりして、やっぱり周辺の地盤は不安定なようだ。35分くらいかかって、ようやくいつもの駐車場に到着。山道には元気な小ヒルたちがうよっている。虫よけを忘れてきたので、足元を念入りにチェックしながら歩いたのに、気がついたら右手の軍手の下に潜り込んでいた(泣)。

1日目は、ヨシモトさんは未測量の水流部を、近野さんとおかで最奥部を測量することになった。
奥までの道のりはもう慣れたもので洞口から1時間くらい。水の溜まった狭道や、砂利の匍匐やら、所々テンションの下がるポイントを超え、最奥の中でも最上流の上の方にある測量箇所に到着する。
近野さんによれば、今日の測量箇所は旧測図には載っていない新空間で、けっこう大きいと聞いていたので、初見の私は楽しみにしている。

ところが、ルートがなかなか見つからない。近野さんが黙々と探している間、二日酔い気味の私は岩の上でうつらうつらしていた。やり残し箇所を測量したりしている内に、午後になって、私の体内アルコールはようやく洞内に発散され調子を取り戻した。

私達がすっかり見逃していた目的のルートは、岩が危うい感じでひっかかり、積み重なった隙間から急斜面をあがっていくところだった。斜面を上がりきって小さなホールに出たと思ったら、その奥には天井が15mくらいある大きなパッセージが出現した。広々としていて、乾いていて、全然違う洞窟にいる雰囲気だ。全体的に平らかなてんご穴の中の最上部に位置する、旧いパッセージのようだ。
結局、残り時間が少なく、下流側を一通り終わらせたところでタイムリミット。引き返し、洞口を出たのは9時頃だった。

駐車場に着くと、ヨシモトさんはもう車に戻っていた。測量計の調子が悪く、途中で諦めて帰ってきたらしい。空き地には、チカラシバ(とヨシモトさんが名前を教えてくれた)という強靭な雑草が群生していて、歩くのにちょっと邪魔だったけれど、今の季節は虫がいないし、気温も快適だ。
ご飯を食べ、車中泊の準備を整えて就寝。




第2日目:昨日、道路上の土砂崩れは一箇所だけだとわかったので、自転車を持ってきた近野さんとおかは土砂のところだけ抱えて歩いて、あとは楽々サイクリングで向かうことにした。円原川は伏流水で人気で、こんな天気の良い日であれば、たいてい水を汲みに来たり写真撮ったりしている人がいるが、今は工事のため誰も来ないので静かだ。

川の水の透明度が高くて、所々青や緑に光っていて美しい。普段なら横目に見つつ車でスルーしてしまう湧き水ポイントなんかも、自転車だとちょっと止めて見に行ったりできてしまう。楽しい。うっかり洞窟という目的地を忘れそうになったが、今日もしぶしぶテンションサゲルートを最奥へと向かう。今日は、最奥上層をできるだけ終わらせるべく、3人で測量をやることにした。

今日のメインである上流ルートは上へと向かっていくルートだ。ちょっとしたクライミングポイントを「嫌~」とか「え~」とか言いながら、なんだかんだ登っていく非体育会系女子探検家たち。
測量は順調に進んだが、今日は夕方5時出洞予定なので余裕がなく、上層の支洞を2つ残して終了となった。どうせまだ測量しなきゃいけないところが何箇所かあるし…。一体あと何回来なきゃいけないのだろう~と指折りカウントする。前回「セミファイナル」と銘打ったのに、そっからが終わりそうでなかなか終わらないのである。

車の往来がないのをいいことに、夕暮れのゆるい下り坂を自転車で疾走し、爽やかに車に帰還した。工事中にまた自転車で来てもいいな~と意外な収穫を得た気分だった。







2020年8月19日水曜日

【新洞探査】限界ギリギリ熊本合宿その3

その3 8/14-16 京丈山(きょうのじょうやま)

本日から後半戦。前日に大西さんに偵察に行ってもらったところ、これまた林道が通行止めになっていたため、二本杉峠から登山道を歩いて京丈山を越えるロングコースに変更となった😂

大西さんと吉田さんの会話をラジオみたいに聴きながら歩いた。私はアウトドア業界に詳しくないが、大西さんは那智滝や称名滝を登るなどチャレンジングな活動をされてきた有名な沢のぼり屋さん。近野さんは著書も持っているそうだ。

体力温存でのんびり歩く私たちをよそに、縣さんの姿はもう見えない。奥の石灰岩エリアを見てくるから、みんなは手前のエリアを見といてと言い残して、さっさと先へ行ってしまった。登山口を朝9時に出発し、昼に京丈山山頂、目的のエリアに到着したのは14時半くらい。5時間以上かかった。斜面に岩盤が見えたので、4人で分かれて洞窟を探しながら、日暮れまでにキャンプ地で合流することにした。

今回も、石灰の露岩は沢山あるが穴らしきものはまったく見つからない。うーん、洞窟ありそうな雰囲気なのだが。露岩を追って下る内に、岩がなくなってきたので、諦めて谷に下り、テンバに向かっていると、小滝の横に立って入れる穴が開いていた。綺麗に開いているが、ここは石灰の地質ではないから、もしかしたら昔の坑道跡かもしれない。

テンバに着くと、私が最後で、近野さんはハンモックを、大西さんは持参のツェルトをセットしており、吉田さんと縣さんは枯れ木に火をつけようとがんばっていた。縣さんが釣ったヤマメを塩焼きにするのだ。20センチくらいのヤマメがちゃんと人数分、用意されていた。大西さんも釣竿を持ってきていて、薄暗くなった沢を遡っていったが、残念ながら小さいのしかかからなかったらしい。焚き火でこんがりと焼けたヤマメは香ばしく、身がふわふわっとしていて贅沢な味だった。

近野さんと私は、前半の教訓を活かして、ハンモックの下側にレスキューシートを巻いて保温に努めることとした。銀のレスキューシートをハンモックに巻いた見た目はシャケのホイル焼きそっくりだった。

本日の高低差 二本杉1100m 京丈山1472m テンバ960m 合計884m

2日目。ホイル巻のおかげで夜に谷風が抜けてもほとんど寒さを感じることなく、快適に寝られたが、さすがに朝は寒くて目が覚めた。縣さんと大西さんは手前の広い石灰エリアを見に行くというが、私は二人のスピードについて行ける気がしないので、吉田さん、近野さんと一緒に小さいエリアを見に行くことにした。途中、大西さんが沢で華麗に釣り竿を振っているのを谷の上から眺めた。見ていると、さっとヤマメがかかる。5匹(人数分)ゲットしましたよ~とニコニコしているのを見て、吉田さんが羨ましそうに「俺も釣りやろうかな~」と呟いていた。たぶん性格的に向いていないんじゃないかと思うけど…。

沢を離れて尾根を登っていくと、吉田さんと近野さんが来ないので心配していた。近野さんの足取りが弱々しいのを見て、このまま一緒にた行動していたら明日の帰りが大幅に遅れると吉田さんが判断し、いまから車に帰れと説得していたらしい。足の裏に大きなマメができていて痛そうだなあとは思っていたが、近野さんは常時マイペースで弱音とか吐かないので、さすが付き合いの長い吉田さんならではの配慮である。近野さんは登山道に向けて別ルートへ向かい、私は吉田さんとピーク近くで合流した。今日の行程は割と時間がたっぷりあったので、吉田さんがJETを4人でスタートした時の話や珊瑚洞のログハウスを作った時の話をしてくれた。

吉田さんに斜面を任せて尾根を超え石灰があるはずのエリアを歩くも、地質図通りに石灰が出てこないので、合流地点に向かって斜面を降りていくことにした。途中、石灰がちらちら出てきた。だが、自分のスタミナが切れかけていて、昼過ぎには石灰を見るために斜面を登り返す気持ちは早くも薄れていた。15時過ぎに早々とテンバ候補地に着き、しばらくすると吉田さんから連絡が来たので再び合流した。蚊に襲われながらハンモックを吊り終わったころ、縣さんから連絡が来て、大西さんと縣さんでヤマメをたくさん釣ったので、火を焚いておくようにとの指示だった。昨晩に引き続き、塩焼きヤマメパーティだ。

昨晩の苦労から焚き火の着火をマスターした吉田さんがあっという間に火を起こした。大西さんと縣さんが釣ってきたヤマメは大小合わせて18匹。食べる人が1人減ったので、それぞれ好きな焼き加減で、お腹いっぱいヤマメを堪能した。明日はやっと帰れる。

ヤマメパーティー
ヤマメパーティー


本日の高低差 テンバ960m ピーク1370m テンバ1112m 合計668m

翌朝、一人で早起きして、焚き火の残り炭に火をくべていると、突然バキッという音が聞こえた。私のところからは樹の陰で見えなかったが、なんと吉田さんの買ったばかりのハンモックが真っ二つに裂けていた。私がAmazonで買った2500円のカヤ付きハンモックなら壊れても納得だが。一体どんな使い方したらそうなるんだろうか。最終日でよかった。

再現画像

行きに5時間以上かかった道を戻るには、下り基調とはいえ辛かった。かかとの靴ずれが痛いのか足の裏全体が痛いのかよく分からなくなっていたけれど、あとは帰るだけと思えば、まだがんばれそうだった。しかし、他の3人はまだ生きが良さそうだし、あんまり遅れては申し訳ないと思いつつ、山頂付近の構造洞窟とその周辺を探索する3人を横目に、ひとり先を急ぐことにした。露岩帯の登山道はわかりにくいので、気がつくとふらふらと道をはずれていた。まあ、方向が合ってて石灰のあるところならいいかとGPSを眺めながら露岩を乗り越えると、足元に穴が開いている。おお、こんなところに穴らしい穴が!かがみ込んで小石を投げ込んでみる。そんなに高度はなさそうだが、ひとつあればまわりにもある可能性が高い。見回してみると、下の方に怪しいくぼみもある。荷物をおいて、見に行くとこれもちゃんと岩の溶けた洞口だ。5日間も探して何もなかったのに帰り道の最後で見つかるなんて〜😂


まだ手前のエリアを探索していた3人を呼び、一つ目の穴にフリーで降りる。底から横方向に続いていたが、10メートルほどで終わっていた。途中、アナグマの骨が全身残っていた。

くぼみの方は、高さがありそうなので15mの補助ロープで降りることに。ロープが足りなくて途中でつないだけれど、イタリアンヒッチで降りているので、ヒーヒー言いながらつなぎ目をやっとこさ乗り越えた。なんとか下に降り、横方向に続いているのは確認したが、ケイビングスーツじゃないと、狭いところでひっかかりそうだったので、とりあえず上に引き返した。

思いがけない洞窟探検で残り少ないHPが更に目減りした。あと1時間は歩かないと車に戻れない。それでも下り基調だったのでまだ良かったが、最後の最後に3回位アップダウンがあって泣きそうになった。ようやく山を抜け峠に抜けた時は、洞窟から出たのと同じくらいの開放感だった。昨晩の内に戻っていた近野さんが、車の中を整理して私たちの帰りを待っていてくれた。

みんなで茶屋でご飯を食べ、まだしばらく九州に残るという大西さんとお別れして下山した。

本日の高低差 テンバ1112m 京丈山1472m 二本杉1100m 合計732m

2020年8月16日日曜日

【新洞探査】限界ギリギリ熊本合宿その2

その2 8/11-13 天主山 新洞探査

当初、内大臣川沿いから入山予定だったが、先月の大雨で林道が通行止めになり、登山口まで行くことができないことが出発直前に判明していた。検討の結果、確実に入山できる鴨猪川から穴谷を越え、天主山山頂を目指すことになった。まだ台風の影響でシトシト降る雨の中、面白味のない非石灰の古い林道を歩くだけのスタート。荒れた林道を辿っていると、斜面に線路がある。ちゃんとレールと枕木が残っていることもあれば、斜面が崩落してレールだけが空中に浮いている箇所もある。地図上では、レールの最終地点に何かの建物があるらしかったが、行ってみると、その谷のどんつきには、流されたのか壊れたのか、建物らしきものは何もなかった。あとで地元の人に聞くと、廃線は材木を下ろすためのものだったそうだ。山奥に延々とレールが敷かれてあるのは不思議な風景だった。林業の盛んだったころは道も綺麗で、人で賑わっていたのかもしれない。

谷の奥から石灰岩のエリアに入るべく、一気に稜線へ上り、登山道を天主山の山頂に向かって歩いた。時々休憩のために止まると、アブが集まってきて刺そうと(噛もうと?)する。私は刺されても数センチのアザのような腫れができるだけだが、縣さんはめちゃめちゃ広範囲に腫れが広がる。体質なのか。

稜線に石灰の露岩が現れたころには、日が暮れかけていたので、山頂の手前の登山道付近にテンバを定め、荷物を置いて周辺の洞窟探査に移った。疲れた脚を引きずって岩盤の基部を見に行くが、穴らしきものも何も見つからず、諦めてテンバに戻った。

私は最近、家の裏でカヤつきハンモックを吊るして昼寝をしている。テント持っていくよりもお手軽だし、山中では涼しくていいかと思ってそれを持って来た。そんな思惑とは別に、先月霧穴の洞内泊で、縣さんが超軽量ハンモックを持ってきていて、これはなかなか良いと言ったのがきっかけでチーム内にブームが来た、のかどうかは知らないが、他の3人もみんなハンモックを持ってきていて、偶然にも4枚のハンモックが吊るされることになった。吉田さんは買ったばかりのハンモックがすっかり気に入ったらしく、一切ハンモックから降りずにご飯を食べ、就寝。正直、日が沈むと寝る以外にやることもないので、だいたい8時から9時には寝て、6時から7時に起きるという生活になった。

生活感あふれるテンバ


しかしながら、高度1300mではハンモックは涼しいどころか寒かった。稜線を風が抜ける度に背中がスースーする。レスキューシートにくるまって、ようやくウトウトした。起きたら、ダウンジャケットに身を固めた吉田さん以外、全員口を揃えて寒くて寝られなかったと愚痴っていた。ハンモック山行ビギナーなので、失敗も致し方なし。

本日の高低差 パーキング600m 稜線1514m テンバ1475m 合計953m

前半の探査のメインエリアは、内大臣川流域から広河原なので、2日目は天主山山頂を越えて、高度差800m下の谷へ降りて行かなければならないハードコースだ。途中、縣さんが上の方の斜面で短い洞窟を見つけた以外、特にめぼしい成果もなく、沢を下って内大臣川に着くころには、私は寝不足と靴ずれで、かなり疲労が溜まっていた。縣さんも、広河原の岩盤が立派なのを見て、これはぜひ探したいと言ったものの、今回はちょっと無理そうと諦めて、川の横にテンバを作って、また背中をスースーさせながらハンモックでウトウトした。

本日の高低差 テンバ1475m 山頂1494m 谷下580m テンバ744m 合計1097m

3日目はまた天主山山頂に登り返し、登山道を降り、車に戻る計画。つまり、また800m登って800m降りるわけ。といっても、さすがに直登ではなく、1200くらいまでは、傾斜のゆるい、所々土砂で壊れた林道をうねうねと登っていく。洞窟も見つからないので、テンションは上がらない。山を降りたら焼肉を食べるぞーというモチベだけで、それぞれ重い足を進めた。山頂を過ぎ、登山道に入ってしばらくして、縣さんが遅れ気味の近野さんを待つことになった。道標がまばらでわかりにくく、道を外れる可能性がありそうだ。吉田さんと私は、延々と続く下り坂の登山道を無言で降りて行った。林道まで出た時には、さすがに二人ともほっとして、えらい登山道だったねーと笑った。

停車場に着くと、たくさんの車が停まっていた。消防の赤い車とアンテナを見て、吉田さんが、おい、誰か遭難したみたいだぞ、と言ったので、えーそれは大変と思いながら、車を開けていると、吉田さんが消防か警察の人と何か話している。なんだろうと思ったら、吉田さんが、おい、俺たちだぞ、という。レンタカーが連日停まっていたので、誰かが心配して通報したが、登山届けを出していなかったので、昨日から捜索に入ったらしい。そういえば、昨日の午後、ヘリの音が聞こえたなあと思い出した。まさか自分が探されているとは夢にも思わず。

普段よく行く岐阜や三重ではメジャーな山に登らないし、そもそも登山道を歩くことが稀だったり、石灰の様子次第で行程が変わるので、登山届を出すということをすっかり失念していた。

届けてなくて、すみません、と謝ったが、レンタカーも16日まで借りてるし、まあ縦走してるんだろうと思ってました、無事で良かったです、と案外にこやかに対応してくれた。全行程とメンバー全員の個人情報を聴取され終わった頃、ちょうど縣さんと近野さんも下山してきた。

レスキューチームの中に、消防でも警察でもない、山に詳しいおじいさんがいて、私達が車の横に干していたケイビングスーツを見て、これは穴谷の穴に潜ってるんじゃないかと思っていた、と言ったので、谷に穴あるんですか?と聞いたら、知っとるが、絶対教えん!と突っぱねられた。地元で生まれ、この辺りの山のことは庭のように知っていて、消防や山仕事の若い人たちを訓練していて、足跡見たら何人入ったかもすぐわかる、などなどの話をされていて、なかなかお喋り好きなおじいさんだった。私達には無理に聞き出すつもりは全然なかっけれど、穴については最後まで絶対教えん!を繰り返していた。

レスキュー隊が全員帰ったので、装備を洗って、下山した。後半の計画から合流予定の沢屋の大西さんと待ち合わせ、近くのレストランに焼肉を食べに行った。ご飯を食べながら、2日ぶりにLINEを開けたら、レンタカー会社を通してか、私の親にも連絡がいっていて、今朝から心配と叱りのメッセージが母と姉から入っていた。熊本に行くとも山に行くともなんとも言っていないので、突然熊本の田舎の警察から連絡が来てわけがわからなかっただろうと気の毒に思う反面で、あー面倒と思いながら、説明と謝罪に追われた。

晩は、また道の駅で寝た。外で大西さんと談笑する縣さん近野さんを横目に、吉田さんと二人、クーラーを効かせた車内でウトウトしていると、いつのまにか後ろの座席と荷物置き場が寝床に早変わり、コンパクトカーの車内にギューギュー詰めで4人が寝た。だが、後ろはさすがに狭かったのか、朝起きると、縣さんも近野さんも外で寝ていた。運転席も中途半端にしか座席が倒れないので快適な寝床ではなく、寒いハンモックと同じ程度にウトウトできただけだ。山は寒すぎ、下界は暑すぎて、ぐっすり寝るのに適さない。

本日の高低差 テンバ744m 山頂1494m パーキング600m 合計1644m

その3 8/14-16 京丈山に続く

【新洞探査】限界ギリギリ熊本合宿その1

その1  8/10 ガシラ洞探検(新洞)

シラガ岳の尾根にある竪穴だからガシラ洞(縣さん命名)


朝10時に阿蘇くまもと空港で吉田、縣、近野をピックアップ。台風5号が南を通るらしく、空模様が怪しい。買い出しをして、白滝公園に着いたころ、強い雨が降ってきた。雨雲レーダーによれば、1〜2時間後にはあがる予報なので、公園向かいのカフェでお茶をして時間をつぶす。

縣さんのオヤツ、カメロンパン


雨脚が弱くなったので、白髪岳への林道へ向かうも、すぐに「通行止め」の看板にぶち当たってしまった。人吉ほどではなくとも、先月の大雨の被害は熊本のいたる所に出ているようだ。しかたなく、南から国見岳を越える遠回りの道へ切り替え。1時間弱、やや荒れた山道を走り白髪岳山頂付近に停車した頃には雨も弱まった。


10分くらい歩くとガシラ洞の洞口に着く。白髪岳の尾根は、苔生した露岩がたくさんあり、雰囲気の良いところだ。近野さんと吉田さんが測量をやってくれるというので、私は縣さんに続いて洞内に降りる。下向きのクラック状に開いた第一ピッチの底には縣さんが広げた泥まみれの隙間があり、チムって降りるとまた狭い岩の隙間、その先からが未踏の竪穴だった。15メートルくらいのピッチに縣さんがアンカーを打って降りると、底に穴があり、まだ続いている。だが、螺旋状の狭いクラックで通り抜けができない。縣さんと代わりばんこでチャレンジするが、どうしても身体のどこかがつっかえて抜けられない。下向きなので、ぐいぐい行って戻ってこられるだろうかという不安もある。結局、先は諦めて、ここで終わりとした。残念だが、最後のピッチは天井が垂直に高く、十分に立派な空間だ。

探検班の役目は終わったところで、測量班は降りてくる気配がない。最終ピッチを登り返すと、降り口のもっと手前で近野さんが一人で測量をやっている。吉田さんは、二つ目の狭道で胸板が引っかかって先に進めないのだそうだ。私と縣さんが最終ピッチをもう一度降りて測量を完了した。穴を出る頃にはもう暗くなりかけていた。夕暮れのアブから逃げるように車に戻った。

停車場に戻ると、草むらに吉田さんの新品のガーミン(GPS)が落ちていた!出発前に近野さんに使い方を教わっていたのに、1mも進まない内に落としたらしい😓失くさなくてよかった。再び雨が降り出した。慌てて装備をレンタカーに放り込み下山完了。

計画が押して、時間が遅くなったので、五木村にはご飯を食べる店もコンビニもない。それならと、翌日の活動エリアに移るべく、二本杉峠を越え、1時間半くらいかけて美里町へ下りた。夜中前に着いた大きめの道の駅にはキャンピングカーが一台停まっているだけで、コロナの影響だろうか、お盆休みとは思えないほど閑散としていた。下界は蒸し暑く、夜中にまた激しく雨が降ってきて寝苦しかった。

本日の高低差 パーキング1175m 尾根1230m ガシラ1191m  合計94m

その2 8/11-13 天主山 につづく


2020年7月9日木曜日

【新洞探査】岐阜県・親谷(2020.6.21)

---------------------------------------------
活動内容:山狩り(新洞探査)
日程:2020/6.21
入洞洞窟:なし
場所:岐阜県揖斐郡揖斐川町・親谷
天候:
参加者:あゆみさん 岡さん
使用車両:あゆみカー おカー
会計:
グルメ:
記録:近野(記録のみ)
電波: 
---------------------------------------------------

8時 現地集合(橋のところ)

16時半 下山

蛭とカヤがひどく、積雪時の入山が好ましい

【ファンケイビング】無双洞(2020.6.24)

---------------------------------------------
活動内容:ファンケイビング
日程:2020/6/24
入洞洞窟:無双洞
場所:和佐俣山
天候:
参加者:おかざ、むぎま、まさと、やっすー
使用車両:
会計:
グルメ:
記録:近野(記録のみ)
電波: 
---------------------------------------------------

9時 川上村道の駅集合
10時 入山
14時 下山